1956年度 (昭和31年度)~1960年度 (昭和35年度)

Prev <…> Next


卒業論文
1956年度 (昭和31年度)
28 伊藤 賢治 広瀬鉱山付近の地質及び鉱床
29 加納 一成 鳥取県若桜町東方の第三系に就いて
30 竹下 陽一 温泉津町周辺グリーンタフ地域の地質に就いて
31 吉田 孟弘 大根島に於ける水理地質学的研究
1957年度 (昭和32年度)
32 小草 欽治 島根半島東端部の地質
33 和田 温之 大田市北東部の地質
1958年度 (昭和33年度)
34 安達 史朗 出雲市西南方の地質について
35 飯塚 良 邑銀鉱山周辺の地質及び鉱床について(特にセリサイトについて)
36 石谷 凡夫 帝釈台の地質について
37 川角 毅 山陰産砂鉄の鉱物学的研究
38 黒崎 幹郎 飯石郡根波附近の地質
39 三島 欣二 簸川郡北西部の地質について
1959年度 (昭和34年度)
40 遠藤 武 大田市祖式町周辺の地質について
41 伊藤 卓次 浅利南方地域の地質について
42 角 義巳 山陰地方産花崗岩と砂鉄の性質について
43 山田 璋 浜田市周辺の地質について
1960年度 (昭和35年度)
44 橋本 彰文 益田市周辺の地質について
45 北条 凱生 高窪層と高窪植物化石群
46 岩田 真明 米子南東の地質について
47 大脇 康孝 隠岐島後中南部の新第三系
48 境 忠夫 大田市南西の地質について
49 関 信雄 隠岐島片麻岩類地域の地質
50 新治 正法 鳥取県日野郡多里地方のクロム鉄鉱鉱床
51 竹内 祥隆 宍道湖南岸の布志名層に産出する化石動物群についての考察

Prev <…> Next


戻る