向吉 秀樹 (Hideki MUKOYOSHI) [助教]

メールアドレスの画像

沈み込みプレート境界地震の発生過程に関する研究を行っています. 地震発生過程を理解するためには,岩石が経験する破壊,変形と破壊時の鉱物変化に代表される水-岩石相互作用,そしてそれらと地震発生の関係について,地震発生領域を経験している物質(岩石)の解析を通して明らかにすることが重要です.
 四万十帯など地表に露出している古い付加体の中には,過去の沈み込みプレート境界型断層の深部が露出している場所があります. 陸上付加体中に露出するこれらの断層を対象に,野外地質調査を基本とした調査により,断層岩の産状,破壊様式およびそれらの空間分布について把握することを目的とした研究を行っています.
 また,過去の断層ばかりではなく,生きている断層を対象にした地震発生過程の解明や,活動履歴の解明にも取り組みたいと考えています.


戻る