田阪 美樹 (Miki TASAKA) [講師]

メールアドレスの画像

マントルにおける物質移動とその素過程を明らかにするために、地球内部の熱力学条件を室内で再現し、鉱物や岩石の物性値を決める研究を行っています。 具体的には岩石の合成技術の開発、結晶粒成長実験、変形実験を行っています。

これまでの地球物理学的な研究では、マントルは1つの鉱物より構成され、化学組成は均一、水の影響は正確に考えていない系で近似的に変形特性を求めてきました。 しかしこれは大きな単純化です。 私は2種類の鉱物で構成された岩石、化学組成を変化させた岩石、水を加えた岩石を用いて実験岩石学的な研究を行い、より現実に近い条件でマントル流動を理解することをめざし研究を進めています。 また天然岩石の組織解析を行い、岩石組織から物理量を見積る地質学的な研究も進めています。


戻る