地球資源環境学科のJABEE認定試行

JABEE認定とは

島根大学地球資源環境学科では,2001年度に学科の教育プログラムに対してJABEE(日本技術者教育認定機構)による「地球・資源およびその関連分野」の 認定試行審査を受けました.地球科学系学科としては秋田大学の2つのプログラムとともに全国で最初の試行例となりました.

こうした技術教育の認定審査はわが国では2000年度から開始されています.多くの技術分野のなかで,「地球・資源およびその関連分野」は2001年に確立されました. 認定試行は本格的な審査の予備段階として行われているもので,入学から卒業までの教育内容・システム・実験設備・教員の資質などすべてが評価の対象となっています.

技術教育における認定の必要性

「技術者教育」という場合の「技術」は現在一般に認識されているものより広い概念です.理工系学科の教育を受けて,卒業後にそれを活かした職についた場合, すべて「技術者」と呼ばれることになります.

こうした「技術者」を認定するのにわが国では古くから「技術士」という制度がありました.これは社会に出て一定の経験を積んで試験にパスさえすれば,その資格が得られます. 一言でいうと「経験」と「能力」です.しかし,この資格取得システムは世界各国で同じではなく,わが国のシステムは欧米のものとは基本的に違っています. ヨーロッパやアメリカ合衆国では「経験」や「能力」に加えてどのような「教育」を受けてきたかが必要です.

技術の国際化が急速に進むなか,主要国の間では「技術の相互認定」が行われるようになってきました.しかし,上記のようにシステムが異なるという理由で, 現時点ではわが国の「技術士」はこの「技術の相互認定」には加わることができません.加わるには大学の「技術者教育」が一定の基準を満たしていることを 説明しなければなりません.こうした認定の必要性から設立されたのが日本技術者教育機構(JABEE)であり,2000年度からわが国の様々な技術分野で 認定審査が開始されました.

島根大学地球資源環境学科における認定試行の経緯

技術教育認定には,日本技術者教育機構(JABEE)の設定した「基準」を満たさねばなりません.これにはすべての技術分野に共通の「基準」と「分野別基準」があります. ただし,教育には各大学の独自性や個性があってもいいわけですから,認定を受けようとする大学側(プログラム側)では,学生の入学から卒業までの間にどのようなことを 修得すべきかの独自の「学習・教育目標」を示すことが必要です.この目標は上記の「基準」を網羅したものでなければなりません.

こうした各プログラムの「学習・教育目標」をもとにして,それを具体的に実現していく教育内容とレベル,そして学生が卒業までにそれをマスターしていることなどを説明できた 場合に技術者教育が認定されることになります.

これには1回生から4回生までに行っているの教育内容とシステム,学生の授業時間数,定期試験内容,試験の合否判定基準,実験設備,学内の諸施設,教員の資質 などがかかわってきます.プログラム側ではこれらの資料を整理して「自己点検書」を提出し,審査チーム(8名)がこの中身を詳細にチェックしたのち,それに基づいて 「実地審査」をするというのが基本的な流れです.

実地審査では学生・卒業生,教員の面談が行われ,個々の科目の試験問題と結果などがチェックされます.また,図書館なども含めた教育・実験設備のチェックがあります.

島根大学地球資源環境学科の認定試行概要

対象プログラム名 : 地球資源環境学科の教育プログラム
高等教育機関名 : 島根大学・総合理工学部・地球資源環境学科
認定分野 : 地球・資源及びその関連分野
幹事学会 : (社)資源・素材学会
審査チーム
 審査長 : 佐倉保夫(千葉大学 理学部 教授)
 審査員 : 千木良雅弘(京都大学 防災研究所 教授)
: 汲田啓一(日本鉱業協会 技術部 部長代理)
 オブザーバ : 山富二郎(東京大学大学院 工学系研究科教授)
: 恒川昌美(北海道大学大学院 工学研究科教授)
: 須藤 宏(応用地質(株)東京支社課長)
: 遠藤邦夫(日本大学 理学部教授)
: 平田篤夫(崇城大学,教授)

認定試行の経緯

2001.6.15 日本技術者教育認定機構から認定試行校に決定の通知
2001.9.3 「地球・資源およびその関連分野の分野別要件Ver.20.補足説明」確定
2001.10.12 自己点検書提出
2001.11.20 自己点検書に基づく質問,不足資料要求
2001.11.27 質問に関して学科からの回答送付
2001.12.2-12.4 実地審査
2002.1.22 1次審査報告書受け取り

実地審査の内容

(1) 面談(インタビュー)
 教員インタビュー 計9名 (他学科教員を含む,1人あたり約20分)
 卒業生インタビュー 計6名 (社会人3名,大学院生3名,それぞれ約30分)
 在校生インタビュー 計10名(4年生5名,3年生5名,それぞれ約30分)
 学部長インタビュー (約30分)
(2) 教育環境施設の視察 (2班に分け,学科内と学科外を別々に視察)
(3) 審査員とプログラム側
の間の会議
(学科の教育システムについての説明,不足資料の説明,疑問点に
対する回答,その他,計4回)

戻る