小暮 哲也 (Tetsuya KOGURE) [助教]

メールアドレスの画像

地すべりや崩壊など,災害につながる自然現象のメカニズムを解明することで発生条件を理解し,防災につなげる. 現地調査,室内試験の結果をもとに斜面の安定解析を行い,斜面崩壊の発生メカニズムを解明する. 現地調査では測量,弾性波測定,簡易貫入試験等を行う. 室内試験では,現地で採取した岩石や土壌について透水係数(浸透率),弾性波,一軸圧縮強度,粒度分布等を測定する.将 来的に斜面変形のモニタリング技術の開発を目指す.


戻る