志比 利秀 (Toshihide SHIBI) [助教]

メールアドレスの画像

有限変形弾塑性論による分岐およびひずみの局所化について研究している. 例えば,円柱形正規圧密粘土の供試体を軸方向に低速度で圧縮すると,始めは一様に変形するが,最大応力に近づくにつれ, 対称バルジ型,非対称座屈型,またはそれら組み合わさった変形などが現れる. 最終的にはせん断ひずみの局所化が観測され,一つのすべり面が発達し,耐荷力を失い破壊にいたる. また,丁寧に一様な供試体を作成し,偏心がかからぬように注意深く圧縮すると,表面に網目状のすべり面群が観察される場合もある. このような現象を分岐解析を行うことにより定性的および定量的に解明しようとしている.


戻る